新潟工業短期大学

奨学金制度入試・学費

新潟工業短期大学奨学金について

新潟工業短期大学では、工学教育に興味を持ち、将来科学技術の分野で活躍したいと願う方を経済的に支援する目的で、独自の奨学制度を用意しています。

自動車工業科

遠隔地域学生支援奨学金

入学金半額減免 10.5万円本学に入学を希望する受験生で、本学が別に定める高等学校に通学している受験生を対象に、入学金を減免する奨学金制度です。
本学入学試験の願書出願時に所定の様式により申請していただくことで、入学金1/2相当額を免除いたします。

◎指定地域
新潟県外全域、魚沼市、南魚沼市、十日町市、津南町、湯沢町、柏崎市、上越市、糸魚川市、妙高市、佐渡市、村上市、粟島浦村

◎対象となる受験生の出身高等学校

新潟
県外
新潟県外に所在地がある高等学校すべて
新潟
県内
下越 村上市 村上、村上桜ケ丘、村上中等、荒川
中越 魚沼市 堀之内、小出
南魚沼市 六日町、国際情報、八海、塩沢商工
十日町市 十日町、十日町総合、松代、十日町高校松之山分校
津南町 津南中等
柏崎市 柏崎工業、柏崎、柏崎翔洋中等、柏崎総合、柏崎常盤、新潟産業大学附属
上越 上越市 久比岐、高田高校安塚分校、有恒、新井、高田商業、高田農業、上越総合技術、高田南城、関根学園、上越、高田、高田北城、直江津中等
糸魚川市 海洋、糸魚川、糸魚川白嶺
佐渡 佐渡市 佐渡中等、佐渡総合、佐渡、佐渡高校相川分校、羽茂

※家計支持者(父母等)の居住地が別表の指定地域であること。
※受験生の出身校が通信制高等学校の場合は、家計支持者の居住地が別表の指定地域であること。
※日本学生支援機構第2種奨学金の家計基準に該当する方が対象となります。(共働きの場合は父母両方の合計収入が対象となります。)

卒業生子女等奨学金

入学金半額減免 10.5万円本学卒業生のご子息・ご息女、もしくは卒業生・在学生の兄弟姉妹が本学に入学する場合、本学入学試験の願書出願時に所定の様式により申請していただくことで、入学金の1/2相当額を免除いたします。

※日本学生支援機構第2種奨学金の家計基準に該当する方が対象となります。(共働きの場合は父母両方の合計収入が対象となります。)

女子奨学生

入学金全額免除 21万円自動車工学又は電子制御工学分野に勉学意欲がある女子を対象に入学金を減免する奨学金制度です。本学入学試験の願書出願時に所定の様式により申請していただくことで、入学金の全額を免除します。

※日本学生支援機構第2種奨学金の家計基準に該当する方が対象となります。(共働きの場合は父母両方の合計収入が対象となります。)

成績優秀奨学生

2年次 1年間授業料半額 44万円自動車工業科1年次の学業成績及び人物が極めて優秀かつ、経済的理由により修学が困難である学生に対し、2年次授業料の1/2相当額を給付する、返還義務のない奨学金です。

※日本学生支援機構第2種奨学金の家計基準に該当する方が対象となります。(共働きの場合は父母両方の合計収入が対象となります。)

申請書ダウンロード

日本学生支援機構奨学金<自動車工業科・専攻科>

奨学金の予約採用の制度があります

日本学生支援機構(旧称 日本育英会)には、短期大学進学以前の高等学校在学中に奨学金の申し込みを行う制度があります(以下「予約奨学生」と呼びます)。

予約奨学生の募集は、毎年春に高等学校を通じて募集されますから、できるだけ早い時期に高校の先生(担任または進路担当)に相談して下さい。なお本学への入学後にも募集を行います(在学採用)。在学採用については本学にお問い合わせ下さい。

奨学金は2種類あります

日本学生支援機構奨学金には、第一種奨学金(無利子)と第二種奨学金(年利3%を上限とする利息付き(年によって変動しますが、在学中は無利息です)があります。
また、第一種と第二種を併用することもできます。第一種と第二種の採用条件は異なりますので、詳しくは日本学生支援機構のWebページで確認して下さい。

その他の奨学金<自動車工業科・専攻科>

都道府県や各市町村(新潟県・新潟市・福島県など)、民間の育英団体の奨学生制度、日本政策金融公庫「国の教育ローン」などがあります。 詳しくは各自治体・団体・銀行の窓口ヘ直接お問い合わせ下さい。