新潟工業短期大学

専攻科 自動車工学専攻1級自動車整備士養成課程【2年制】

専攻科 自動車工学専攻
自動車整備士の
トップライセンスを目指し、
次世代のエンジニアを育成

高度なスキルで整備業界をリードする

専攻科は、自動車工業科を卒業後に進学し、1級整備士資格をめざす学科です。

専攻科で取得できる1級自動車整備士資格は自動車整備士の最高峰のライセンスです。
自動車の最先端技術を学び、より高度な専門的能力を身につけることで、トップエンジニアとして将来への選択の幅が広がります。
また、就職内定先企業を中心に、県内外の自動車ディーラーにてインターンシップを行い、即戦力となる経験とスキルを養います。

カリキュラムの概要

専攻科 自動車工学専攻の授業科目

自動車システム工学Ⅰ、Ⅱ/自動車電気電子工学/自動車応用力学/エンジン制御工学Ⅰ、Ⅱ/シャシ制御工学Ⅰ、Ⅱ/高度総合診断Ⅰ、Ⅱ/環境・安全管理/自動車品質管理/自動車整備情報システム/高度自動車実験・実習/自動車実務実習
※自動車実務実習にはインターンシップ(200時間以上)及び研究を含む。

カリキュラム例【1年次】

最新の電子制御技術を学び、高度故障診断の理論を修得

自動車システム/エンジン制御
自動車システム/エンジン制御

電気・電子回路の知識と測定技術、各種センサの機能や点検方法を学び、エンジンの電子制御装置の点検・整備・故障診断を行います。また、ハイブリッドシステムをはじめとする先進技術も学びます。

高度総合診断
高度総合診断

1級整備士には、お客様に対して正確で分かりやすい整備説明ができる能力が求められます。そのために必要な業務知識を理解したうえで、整備実習では接客を意識しながら作業を行います。

新技術発表会
新技術発表会

自動車の新技術についてテーマ選定し、自分で調べて発表します。『調べる』『まとめる』『発表(伝える)』のプレゼンテーション力が身につきます。毎年恒例の発表会では活発な意見交換が行われます。

カリキュラム例【2年次】

徹底的に実践実習により、正確かつ迅速な高度整備技術とマネジメント力を取得

インターンシップ
インターンシップ

自動車ディーラーなどで、200時間以上の学外研修を行います。実際の現場で様々な実務を経験することで、実践力と対応力が身につきます。研修後は、反省点や今後の取り組みについて報告会を行います。

自動車実務実習
自動車実務実習

これまでに学んだ全ての知識と技術を総合的に使い、分解整備作業を習熟させます。基礎作業の反復により正確さを高めると同時に、効率を考えて実践することで作業スピードを上げる実習を行います。

真のスペシャリストへ
真のスペシャリストへ

専攻科では、『高度な故障診断整備』だけではなく、『自動車の故障を未然に防ぐ整備(予防整備)』を行えるスキルも身につけて、自動車整備のスペシャリストをめざします。

取得できる資格

資格の対策講座や模擬試験などで、学生全員の合格を目指し全面的にサポートします。

実技試験免除

  • 1級小型自動車整備士

在学中に取得できる資格

  • 職業訓練指導員免許
  • 低圧電気取扱従事者特別教育
  • 中古自動車査定士
  • 損害保険募集人資格
  • ガス溶接技能講習修了資格
  • 危険物取扱者資格 等
SNS & BLOGLINE俺たちの愛車自慢バスケ部ブログぶらりバスケ⾒てあるき

オープンキャンパス申し込み資料請求工短ブログ