新潟工業短期大学

建学の精神・教育目的-大学案内-

建学の精神・教育目的
「実学一体」を修得し、
 地域社会に貢献しよう

学生の皆さんへ

「実学一体」を修得し、地域社会に貢献しよう

本学の建学の精神は「実学一体」です。

「実学一体」の「実」は、実用のことです。本学で学んだ知識と技術を実際に用いて、社会に役立つ人になって欲しいという願いが込められています。
「実学一体」の「学」は、学問のことです。社会がダイナミックに変化し、技術が急速に進化している現代にあっては、日々の勉学が必要であり、学問をおろそかにしてはならないという思いが述べられています。
「実学一体」の「一体」は、「実」と「学」の単なる合体ではありません。それは「学問を実際に活かし、実際からまた学ぶ」という姿勢を表しています。

「実学一体」を修得し、積極的に地域社会に貢献する、そのような技術者になってもらいたいと新潟工業短期大学は願っています。

教育研究上の目的

新潟工業短期大学の教育目的は、学則に次のように示されています。

新潟工業短期大学

「本学は、教育基本法及び学校教育法の趣旨にのっとり、自動車工学に関する専門の学術を教授し、その応用能力と豊かな教養と人格を涵養し、もって有用な実践力に富む人材を育成することを目的とする。」 (学則 第1条)

自動車工業科

「自動車工業科は、自動車工学に関する学理と自動車の整備技術の修得を通じて、自己の人間性をより高く啓発するとともに、学問的情熱と実践力に富む技術者を育成し、もって地域社会に貢献することを目的とする。」 (学則 第6条)

専攻科自動車工学専攻

「専攻科は、短期大学の自動車工学の基礎の上に、より高い学術及び技術を教授研究し、もって広く産業の発展に寄与する人材を育成することを目的とする。」 (学則 第42条)

SNS & BLOG LINE俺たちの愛車自慢
バスケ部ブログぶらりバスケ⾒てあるき

オープンキャンパス申し込み資料請求工短ブログ